2021年12月1日(水)ポンド円GBPJPYデイトレ日誌

2021年12月トレード日誌

もっとも深い戻しの形

今日はいろいろやる事が多くノートレです。

昨日の下げがN波動(青線)を達成し1波動(赤直線)が完成、今日はその後の戻しを作る展開。

赤直線で引かれた波動が支配波となりますから、これをうわ抜ける事がなければ売り攻めがセオリー。

天井圏ボックス(黒枠)まで戻し、そこのサポートまで達してから下落、その後高値を切り下げる所から売っている形ではありますが、上昇三波の途中でもありますから無理せず静観でも良きですかね。

ネックライン抜けたら戻しから売れますが、波動の頂点がちょうど中央である場合、あまり下には伸びない傾向があります。

中央というのはある意味買いも売りもそこそこの圧力が等しくあることになりますから、伸びが弱いんです。

まぁ、今日はノートレなので偉そうなことは言えませんが波動のトップがどこに位置するのかを見極めると一つの武器になりますよ、というお話でした。

XMでは現在ポジションの偏りを確認する事ができます

【現在のダッシュボードを見る】

※ダッシュボードは下にスクロールすると見れます。

 

タイトルとURLをコピーしました