2021年12月22日(水)ポンド円GBPJPY相場解説

2021年12月トレード日誌

調整は必ずしも価格調整だけではない

昨日に引き続き強い上昇相場。ある程度押しをつけてから上げるのかと見てましたが、結果時間調整の横横から上にブレイク。

押しを取りる為の売りも戦略としてありますが、今回のような時間調整のケースもありますので、基本は目線固定で買いなら買いだけでやる事をおすすめします。

仕掛けとしては、青色ボックスで時間調整が入り上にブレイク①から入ってい行くこともできますが、小さく押しを作った②ではいっていくのがベストでしょうね。或いは、その少し上にできた小さなボックスを抜けた所からでもOKです。短期足レベルでも切り下げラインを引けますので、エントリーしやすくストップも入れやすい場所でリスクリワードもわるくありません。③も切り下げラインブレイクから入れますが、これはもう高値付近ですので期待値が低いです。

明日以降も買い目線ではありますが、今回のように押しなく時間調整で上げる可能性も十分にあります。スケベショートは危険ですので、気を付けましょう。

XMでは現在ポジションの偏りを確認する事ができます

【現在のダッシュボードを見る】

※ダッシュボードは下にスクロールすると見れます。

 

タイトルとURLをコピーしました