【パターン認識】N波動とE波動徹底解説

チャートパターン

相場は推進波調整波を繰り返すサイクルで変動しています。
そして、そのサイクルには一定のリズム(規則性)が存在します。
今回はその中でもよく出現するN波動とE波動について解説していきます。

N波動

随所にこのN波動は出現します。
見ての通り、アルファベットのNです。

①推進波→②調整波→③推進波

この①と③がおおよそ同じくらいなのがN波動です。

①推進波の後、②調整波が入って、③推進波が①推進波の「エネルギー」を継承しています。
N理論を理解していると、波動の終点、つまり利確目標のターゲットがおおよそ見当つくわけです。

N波動の応用

相場のフラクタル構造を理解してもらう為に、さらに掘り下げます。
上の画像の②調整波の部分を拡大してみます。

分かりますか?②調整波も短期足でn波動(便宜上小文字を使用)を形成しています。
調整n波動の終点が分かれば、戻り売りのポイントも探りやすくなります。
この画像からなら、次の高値切り下げから売りです。(MAタッチしてる所もgood)
長期足N波動の③推進波を取るシナリオで、②調整波のn達成でエントリーしたわけですから、
最終ターゲットはもちろん長期足③N波動の終点付近ですよね。

【クイズ】まだまだNは隠れてますよ?わかりますか?w

【答え】

③推進波の中にさらにn波動(青ライン)が出現しています。
n調整波が下降フラッグを形成していますから、下抜けで売り、
期待値はn波動達成付近まで伸ばす事が出来ます。
さらに、n波動推進波にさらに小さいn波動(黒ライン)が発生しています。
ここまでくると流石に追いかけ感が否めないですが、デイスキャ気味に戻り売りから取る事も可能です。

チャートってNが支配してるってと言っても過言ではない、とらく太は思っています。
皆さんも注意深く、相場の「N」を探してみてください。
Nの中のnは、激熱エントリーポイントですよ!

E波動

推進1波の高値から安値の幅分、その高値から同様のエネルギーを継承する形です。

E波動の応用

よく見ると推進波の中にもe波動がありますね。
この場合も、E波動のフラクタル構造を使って、ボックス抜けから売りは優位性が高いです。
ストップはボックスの少し上、ターゲットはE波動終点付近。
リスクリワード比率も問題ありません。
(※E波動の説明なので、あえて割愛してますが、上の推進波にN波動が隠れていますよw)

活用方法はN波動とほぼ一緒ですが、E波動の場合は調整波がもみあい(横這い)になる事が多く、文字通りアルファベットの「E」の形状に近くなります。
ですのでらく太は「調整波」の形状に意識をして、NかEを見極めています。

この見極めは、とにかく何枚もチャートを見る事でしか習得できません。
バックテストを繰り返して、トレードにいかしてみてください。

【マストバイ】常勝FXトレーダーの多くが使う過去検証ソフトの決定版!
ForexTesterは過去20年もある膨大なデータを元に、 FXトレードのリアリティあるシュミレーションが出来るソフトウェアです。
タイトルとURLをコピーしました