【パターン認識】スリーリトルインディアン解説

チャートパターン

レアなチャートパターンで、あまり紹介されていない「スリーリトルインディアン」の解説です。

※下落相場で解説していますが、上昇相場はこの逆です。

スリーリトルインディアン(三人の小さなインディアン)

スリーリトルインディアンは、3つの調和が取れた天井によって形成され、相場のクライマックスに出現する転換タイプのチャートパターンです。
①と②の高値が出来た時点で引けるトレンドラインは、③の目標達成地点をおおよそ判断できます。③の天井を形成した後、マーケットは下降基調に勢いよく転換していきます。
買い注文のストップロスを一気にひっかけて下落するので、強い値動きになる特徴があります。

仕掛け

・安値を支えるラインを抜けてから売る

今回の画像の場合、ワニぐち(ウェッジの逆)のようになっていますが、安値を支えているライン抜けからエントリーがよいでしょうね。ほかにもウェッジ、フラッグなどのパターンもありますが、考え方は一緒です。

以下は、スリーリトルインディアンをウェッジ抜けでエントリーした時の日誌です。

・三つ目の天井③をつけた時に逆張りで売る

これは、リスクリワード比率を武器にエントリーすることになります。逆張りになりますのでデイトレーダーとしては推奨はしませんが、スキャルピングトレーダーであれば優位性のあるポイントになるでしょうね。仮にやる場合、ストップロスは利が乗ったらすぐに建値に移動すべきでしょう。

チャートパターンの性質を理解して、ご自身でトライ&エラーを繰り返したうえで、実際の取引にご活用ください。

更に掘り下げたい方は「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」が参考になります。
タートルスープ、モメンタム・ピンボール、ADXキャッパーなど、様々な手法を惜しげなく公開しています。良書です。

タイトルとURLをコピーしました